節税効果シミュレーション

アメリカ不動産を購入した場合の
節税効果シミュレーション

アメリカ不動産投資の最大のメリットは、
築22年以上経過した木造住宅に関しては、減価償却費を4年で計上することができるということです。
建物比率が高い物件の購入費用を4年の短期間で償却することにより、効率の良い節税効果を得られます。

アメリカの会計評価基準での減価償却は、日本と比べて建物の比率が大変大きいため、上記ケースの場合、初年度で2,000万円の減価償却費を計上することができます。日本の税法では、この処理で発生した赤字を給与所得と損益通算することで所得税還付が受けられ、住民税も軽減することができるのです。

TOP